社会活動

有限会社ハニードライは、社会活動の一環として「NPO法人障碍者支援センター鮎の風」を設立しました。
官公庁や大手企業のユニフォームを扱うクリーニング部門を就労の場として提供しています。

仕分け作業たたみ作業たたみ衣類

「鮎の風」について

「障碍者支援センター鮎の風」は、2007年7月、社会的、経済的自立をしようとする障碍者のための施設として、長年、小、中、高、養護学校の教育に携わってきた先生方によって開設されました。
養護学校高等部卒業生の多くは、就職難という厳しい壁にぶつかっています。作業面で就労にあと一歩結びつかないでいる人や、生活面など様々な要因で就労を果たせないでいる人も少なくありません。

「鮎の風」は一般就労を果たせなかったり、離職せざるを得なくなった人たちが壁を乗り越え自立するための技術や知識を可能な限り習得できるように日々支援しています。

バブル崩壊後の厳しい経済環境の中にあって、彼らの経済的自立は大変困難な状況にありますが、各人が安定した収入を得、社会的、精神的にも自立していけるよう、企業現場に、より近いかたちの就労環境をめざして、今後も施設の運営を行っていきます。

開設以来、相談窓口を設置し、近隣の養護学校、福祉施設などの職場実習の受け入れを積極的に行ってきましたが、今後は小、中、高校の児童生徒が「仕事や福祉」を学ぶための実習先として、また、障碍者を雇用していこうとする企業関係者の方々が情報交換する場としても、広く開放していきたいと思っています。
 

古く万葉集にも歌われている東風(こち)は鮎の風とも呼ばれ、幸せを運ぶ風として人々に親しまれてきました。
「鮎の風」が自立を目指す障碍者にとって、いつまでも幸せを運ぶ風であり続けたいと思っています。

代表 大塚 祐二  鮎の風ロゴ